ジオストーム 感想

どーも、こんにちは!

映画の「ジオストーム」を観ましたので感想を書いていきます。

一部、ネタバレを含みますので、これからご覧になる方はご注意くださいませ。

ジオストームのあらすじ

ジオストームの映画の舞台はアメリカ。

科学者の力によって、

地球はあらゆる災害を未然に防ぐシステム「ダッチボーイ」の開発に成功。

地球規模で災害対策が可能な世の中になったのでした。

開発者の兄弟は共に「ダッチボーイ」の開発に関わっており、

兄は研究者、弟はシステム統括責任者のような立場で活躍。

兄は「ダッチボーイ」の開発により、

全ての管理運営をするものと考えていたが、弟との意見が対立。

兄は「ダッチボーイ」の管理運営から退くことになってしまいます。

ところが、数年後に「ダッチボーイ」の一部の衛星システムに誤作動が発生。

宇宙基地では、乗組員が事故に巻き込まれ死亡。

中東の国での急激な寒波で一瞬のうちに人々が凍りつき。

香港では地下に埋設されたガス管が次々に熱を帯びて爆発。

やがて、世界で同時多発的に災害が巻き起こる「ジオストーム」の危機に。

そこで再び、研究者の兄に弟が声をかけることで誤作動の真相に迫っていきます。

ハラハラドキドキ、目が離せないストーリー展開です。

ジオストームの感想

今回、ジオストームを観た感想を書きます。

物語は、天変地異を克服して人類が自然を制した世界が描かれています。

「ダッチボーイ」のような、天候を操るシステムがあれば戦争にも使えてしまう。

それは、自然に逆らうだけでなく、

一つの権力が暴走するきっかけになるというメッセージが含まれていたように感じます。

登場人物は、大統領の周りの政治家たちも多く、

利害関係によって、きっと私腹を肥やしていたのではないかと想像できました。

宇宙で「ダッチボーイ」を管理する宇宙飛行士は、

世界各地の国々から集まった精鋭ですが、開発の中心は中国とアメリカでした。

現在の経済情勢の力関係が反映されているようで、

日本も頑張らないとほとんど作品に触れられなくなってしまいそうな予感がしました。

天変地異の場面は、非常に迫力があります。

アラブの石油王の高層ビルが傾くほどの大津波が発生するのは圧巻です。

カップルが強烈な寒波から逃げ惑う姿は、

ちょっとリアリティに欠けましたが、何も考えずに観ている分には楽しいです。

もっと世界の国同士が平和で仲良くなることを願いたくなる映画です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする